間取りの決め方

間取りを決めるうえで大切なのは、「収納スペースを確保したい」「広いキッチンがほしい」など、譲れない条件をあらかじめ決めておくことです。また、建物だけを重視するのではなく、日当たりや道路の向き、隣との距離なども考慮して間取りを決めていきましょう。

日常生活の動線を知っておく

注文住宅の間取りを作る際、普段の生活で家族全員がどう動くのか、ある程度把握しておきましょう。普段の生活でどのように動くのか、これを動線といいます。動線がどの程度の範囲に固まっているのか、家族それぞ…

Read More

明るさや風通しにも影響する窓の配置

注文住宅を作る上で、気をつけたいのが窓の配置です。窓の配置は家全体の明るさや風通しにも影響を与えます。建てた後からでもリフォーム出来ない事もありませんが、面倒な上に費用も掛かります。最初のデザイン…

Read More

注文住宅は希望が詰まった家

注文住宅の良いところは、なんといっても自分の理想の間取りを実現できる点です。建売住宅にはあまりない隠れ家的書斎や屋根裏部屋を持つ夢も叶えられます。

実際の間取りを見学する

モデルハウスを利用してみよう

家を建てようと思う時、まずどんな間取りにしたいかを思い描きます。しかし、頭で考えても具体的な映像が浮かびません。そんな時は、住宅メーカーのモデルハウスを見学してみるなら、役立ちます。モデルハウスは…

Read More

間取り集やカタログも参考に!

完全自由設計により理想的なマイホームを実現してくれる注文住宅には根強い人気があります。このためどのハウスメーカーも積極的な展開を見せているところです。そんな注文住宅で家作りをするに当たって多くの人…

Read More

担当者と納得がいくまで相談する!

注文住宅を作る場合、実際の間取りを見て、納得した上で結論を出すことが施主にとってもっとも大切なことです。具体的にどんな間取りなら家族全員で暮らしやすいのか、また、家族の動線をも参考にして選ぶことが…

Read More

水回りや収納スペースを配置するコツ

水回り設備はできるだけ近くに集めよう。

注文住宅は自由設計ですので、フレキシブルに間取りが組めるといった魅力があります。しかしそれだけに慎重に間取りを考える必要があることは言うまでもありません。完成後の日常生活をイメージしつつ、間取りを決めていくことが重要となります。 間取りを決めていくに当たってまず重要なのが水回り設備の配置です。キッチンや洗面台、お風呂、トイレなどといった生活に欠かせない水回り設備をどこに配置するかは最重要課題と言えます。ポイントはこれら水回り設備はできるだけ近くに配置することです。例えばキッチンの隣にはお風呂を配置し、その隣に洗面台を配置するといった感じです。水回り設備を離ればなれに配置しますと水道管の配管工事がかかり、その分費用も高くなってしまいますので、注意が必要です。

畳や階段の下の空間も活用しよう。

間取りを決めるに当たってもう一つ重要な要素が収納スペースです。衣類などを収納する収納スペースもまた日常生活を送る上で欠かせない要素ですので、その配置も十分に検討する必要があります。多くの場合、狭い空間でなかなか収納スペースが捻出できないといった声が聞かれます。しかし収納スペースは工夫すればいくらでも生み出すことが可能です。例えば畳の下の空間を活用するのもその一例です。近年畳下収納ユニットが多く販売されており、その畳の下の空間を収納スペースとして活用するといった例が多く見かけられます。また階段の下の空間を収納スペースとして活用する例もあります。階段の下は高さもありますので、それなりの収納力が期待されます。