日常生活の動線を知っておく

間取り作りを体験して選ぶ

注文住宅の間取りを作る際、普段の生活で家族全員がどう動くのか、ある程度把握しておきましょう。普段の生活でどのように動くのか、これを動線といいます。動線がどの程度の範囲に固まっているのか、家族それぞれどの時間帯にどう動くのかも把握しておくことが重要です。
家族の動きによっては希望している間取りとは違ったプランを考える必要があります。子育てで忙しい家庭の場合には、朝の忙しい時に動線が絡まないよう、動きやすい空間を作り上げることが必要です。空間作りで大切なのは、必要なものを最低限配置すること、家族が希望していても動線に絡まる危険性があるものは家具でも間取りでも配置しないことです。事前にショールームを訪れ、納得出来る間取りを見つけてください。

将来の家族構成を考える

将来の家族構成が変化する可能性を見据えて、間仕切りばかり配置している人も少なくありません。間仕切りを配置するだけでは、動線に絡まって邪魔になることもありますので注意してください。住む人数が変わったときに改めて配置を検討できるような、余裕のある家造りを目指すことが、注文住宅には必要です。
家族で相談しているだけではいまひとつしっくり来ない場合には、建築士と相談した上で余裕のある家造りを目指しましょう。家にどんなイメージを抱いているのか、将来性を感じる家造りをするためにはどうしたらいいのか、プロの視点からアドバイスをもらって検討を重ねることによって、理想の間取りを完成し、施工にたどり着くことができるでしょう。

新築一戸建ては、家族が新しい気持ちで生活を始められるだけでなく、設備やデザイン、周辺環境など様々なところにこだわることができます。