担当者と納得がいくまで相談する!

何度も話し合うことがいい家造りに役立つ

注文住宅を作る場合、実際の間取りを見て、納得した上で結論を出すことが施主にとってもっとも大切なことです。具体的にどんな間取りなら家族全員で暮らしやすいのか、また、家族の動線をも参考にして選ぶことが重要といえるでしょう。
ただし、家の間取りを完全に自分たちで納得出来る形にするためには、担当者と納得ができるまで相談することです。担当者に設計を任せた場合、自分たちの希望している間取りと大きくかけ離れている場合もあるでしょう。納得出来るまで話し合い、双方が納得する形で間取りを完成させることが、施主にとって満足度の高い家にするために必要です。そのためには、一度設計してもらった部分を家族全員で確認し、CGやモデルハウスなどと比較することも必要となります。

担当者に何度設計を頼んでも大丈夫

設計を依頼するときに、「せっかく設計してもらった間取りだから、気に入らない部分があるけれど、いわないでおこう。クレームを言うようで失礼に当たる」と考えて、どうしても遠慮をしてしまう人もいますが、それは大きな間違いです。
設計を依頼された担当者にとって、施主が喜んでくれる間取りに仕上げることが最大の喜びとなります。そのためには、施主の意見を的確にわかりやすく伝えることが重要となるでしょう。遠慮をせず、納得できるまでどうしたいのかを話してください。
納得できるまで話し合い、理想どおりの間取りにしてもらうことが、担当者だけではなく、依頼した会社にとっても喜びとなるからです。顧客の満足度を高めるために仕事をしているプロフェッショナルの集団に対して、意見を言わずに飲んでしまうことは非常に失礼に当たるので注意してください。

分譲住宅とは、分譲宅地を分割し、個々に建物を建築して販売することをいいます。分割した土地に、似たようなデザイン住宅を建築した物を販売する形態は、建売住宅ともいわれます。