明るさや風通しにも影響する窓の配置

工夫次第で明るさは変わる

注文住宅を作る上で、気をつけたいのが窓の配置です。窓の配置は家全体の明るさや風通しにも影響を与えます。建てた後からでもリフォーム出来ない事もありませんが、面倒な上に費用も掛かります。最初のデザイン段階でしっかりと作り込んでおきたい所です。まず、明るさに関して見ていきます。窓はどれでも同じで自由度は然程無いと思っている人も少なく無いのではないでしょうか。実際はその様な事はありません。窓のデザインや場所を少し変えるだけでも、明るさは大きく変わってきます。ただし、やたら無闇に明るさを確保するために窓を大きくすれば良いというものでもありません。窓を大きくすれば、それだけセキュリティの問題が出てきます。高い位置に欄間をつけるなどの工夫も合わせて行う事で光を取り込み辛い所でも確保が出来るのです。

風通しを考える上で大切なポイント

窓は明るさだけでなく、風通しにも大きな影響を与えます。特に風通しを考える上で大切なのが、窓の数です。窓の配置は可能な限り、一部屋に2つ以上置く様にしましょう。窓が一つしか無いと、風が室内に滞留してしまい換気が行われません。一部屋に二つ以上の窓の配置をベースに、難しい場合には、ドアを開放しておくなども視野に入れて風の通り道を作る様にしましょう。窓の配置を少し意識するだけで、快適さが変わる他、カビの発生なども抑えられます。せっかく注文住宅を作るのであれば、長く良い家に住みたいものです。注文住宅は多くの方にとって、人生の中で最も高額な買い物となります。最初の間取りのデザインを業者側としっかりと行い、後悔の無いように仕上げて行きましょう。

建売住宅は、購入者の意向を反映させずに建てられた住宅で、土地とセットで販売されます。購入者は、建築の様子をうかがいながら購入を判断します。